日本に対して脅威である北朝鮮のミサイルについて

昨今の日本をめぐる国際安全保障の環境についてですが、とても緊迫している状況が続いています。まず、一番に挙げられるのは、北朝鮮の動向です。近年、ミサイル発射実験を頻繁に行っていています。今月6日にミサイル4発を発射し、在日米軍基地を標的にした訓練と報じられました。ミサイル4発中のうち数発が、排他的経済水域に落下し、万が一日本の漁船に被害をこうむる可能性があったわけで、極めて許されない危険な行為です。今月19日には、新型ロケットエンジンの地上実験を行い、成功したようで、一方今月22日のミサイル発射実験は失敗した模様です。こうした実験が常態化しているので、緊迫度が増して不安です。実験を行う度に国連の安全保障理事会で、北朝鮮に対し非難、抗議声明を出して制裁を科していますが中国とロシアが全面的に制裁に協力していないので、なかなか一筋縄でいかなくて国際的にとても苦慮している現況にあります。もし、北朝鮮のミサイルが日本へ落下した場合には、そのまま看過することはできませんので、日本だけの防衛では力が及ばないため、日ごろからアメリカとの同盟を深化し軍事力の提携を強化して対応せざるを得ません。私は、北朝鮮には、なんとしてもこのような事態に陥らないよう自制してほしいことを願ってやみません。みずほ銀行カードローン 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*