職場の有効活用で金欠を乗り切る!

私はシドニー在住3年になります。こちらは時給は日本に比べて2?3倍といいのですが、それに比例して物価も高いと感じます。特に、こちらで英語ができない時期はいい仕事を見つけることができなかったので、その時は本当に金欠でした。その時私がしていた節約方法は

まずはじめに私はレストランでシェフとして働いていました。そのため、できるだけ食事はそこで済ませていました。例えば、昼すぎに行って昼食を食べ、帰る間際に夕食を食べるといった具合です。そのレストランのシェフは基本的にお腹が空いた時に自分で食べたいものを作って食べると言った感じだったので助かりました。

他にも、チキンを同じ大きさに揃えるために切って端を捨てたり、サーモンベリーもお店で使用しないので捨ててしまっていたので、それを持ち帰って料理したりしていました。食費が高いこの国でこのように食費を抑えることができたのはだいぶ私の生活を助けてくれました。

他にも、食費は基本的に高いオーストラリアですが、小麦製品のパンやパスタは日本に比べて安いのです。私はレーズンパンをよく買っていたので、その匂いを嗅ぐと今でもお金がなかったオーストラリアに来たての頃を思いだします。そして、大きな2大スーパーが競って毎週週替わりで今週の目玉というようにセールをしていたのでその商品を買っていました。プロミス 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*