キャッシング利用者です。

まずメリットは、収入証明書が不要で借り入れできる事です。

専業主婦や、学生、フリーターの方でもご利用する事ができます。

その会社によっては、50万、100万、300万など上限があります。

職場への在籍確認の電話もするとことしないとこがあるようです。

審査もかなり緩く設定されているみたいなので、ブラックではない限り借り入れする事が簡単でしょう。その日に借り入れできる会社も多々あります。

審査に通りたいのであれば、低い借り入れ金額設定と年収の金額設定です。

年収は300万程度と記入すれば、低い金額設定だと審査が通りやすいようです。

少し高めに記入しても、しっかり返済をしていける能力があれば問題は無いでしょう。

そこで安易に審査が通ってクレジットカードを作成したり、借り入ればかりしていると、

今度は返済にかなり苦労したり、無駄な買い物をしてしまったりするようになる事です。

計画をしっかり立てて、かつ無理なく現実を見ながらの借り入れが理想です。

主に金利は高めの17~!8%と高い設定になっていますが、無利息期間や低金利などを提供している会社などから借り入れしていくのがベストです。

多くのクレジットカードを持つよりは、1つのクレジットカードで済ませる方がスマートと言えるでしょう。

増えることも減ることもある、カードローンやキャッシングの利用限度額。

カードローンやキャッシングのことを、あらためて身を入れて考えていこうと思っていると、どうしても利用限度額というものにぶちあたります。この予め定められた額を超える融資は、正直、難しいのが現状なのです。

うすうす気づいていたとは思うのですが、特に消費者金融から融資を受ける場合、審査のところでこの利用限度額というものが定められますが、その基準になるのが、その人の年収だったりします。すなわち、年収の三分の一を超える融資はできないのが普通です。

ただしこの利用限度額、融資を受けているうちに増えることも減ることもあります。たとえば、返済のときに約束通りマメにお金を返していれば、これは上客とみなされて利用限度額を増やしてもらえることもあるのです。

その反対に、返済時に何度も何度も遅れてしまうようならば、これは金融機関から見ればとても危険な客ということになります。それで利用限度額は下げられる場合も、当然のことですがあるわけです。

社会生活を普通に送っていて、ごくあたりまえの思考力があれば、そういった返済に遅れてしまうような事はないはずでしょう。ですから、この限度額を減らされてしまうという事態は、言ってみれば普通ではない、ということになるのではないでしょうか。

でもしかし、そういう最悪な事態というものは、ときとして襲いかかってくるものです。ですから利用限度額というものは、とても大切なものなのでしょう。

カードローンの審査基準とは

カードローンを申し込みする際、必ずあるのが審査ですがどのような審査基準があるのかご存知ですか?

誰でも借りられるわけではなく、ある程度申し込み出来る制限が設けられています。

例えば年齢、年収、勤務先などは審査基準の基礎とも言えます。

年齢は20歳以上で69歳以下と定めている企業が多数です。

また年収とありますが安定している収入がある人であればパートアルバイトでも申し込めるのでハードルは低いでしょう。

今働いているところに何年勤めているのかなども審査基準になります。

その他には他社からの借り入れはいくらくらいあるのか、返済事故はないのかなどを審査項目に入れているところもあるようです。

審査に通りたいがために、他社からの借り入れは0と申告した場合は一発で審査落ちしてしまいます。

調べればすぐ分かることは嘘をつかず正直に申告しましょう。

他社からの借り入れや公共料金の支払いなどを滞納し明らかに損害を与えた場合は審査に通ることが出来ません。

無担保で低金利でお金を貸す条件と引き換えに私たちの信用性を買われていると思った方が良さそうです。

もし、自分がお金を貸す側になったとしたら信用性がある人とない人どちらにお金を貸したいと思いますか?