みずほ銀行カードローンの内容

最近のカードローンは、来店不要、スマホで簡単に契約できて、借りる銀行の口座がなくても貸してもらえるという銀行がほとんどです。

ネットの銀行でも、同じ感じて貸してもらえますが、窓口で相談できないので、そういう点で不安な方には、都市銀行など大手銀行で、なおかつ、口座を持っている銀行であれば安心して借りられると思います。

そこで、大手銀行の一つ。みずほ銀行のカードローンの内容を紹介します。

200万円までの借り入れだと、収入証明がいらないということ。これは、銀行口座を持っている人でも、持っていない人でも同じですが、口座がある人、ネットバンキングができるみずほダイレクトを利用している人は、ネット上での契約ができるため、スマホだけで簡単に借り入れができますが、口座がない人は、スマホで申し込みはしますが、契約は郵送での手続きとなり、しかも、カードローンの口座を作ることになるので、少し手間かもしれません。

もう一つ、借り入れ限度額1000万円までというのも魅力で、800~1000万円借りた場合は、金利4.0%で借りられるというのも魅力です。

しかも、みずほ銀行口で住宅ローンを組んでいる人は、カードローン

の金利からマイナス0.5%という特典まで付いてます。

大手銀行ならではのメリットもあり、安心してカードローンを組めるはずです。

困ったときのカードローン

カードローンは、誰でも作ることができますが、事前に審査があり、カードを作っておく必要があります。お金に困ってからだと、手元にカードが届くまでに、日数がかかり、より金利の高いクレジットカードのキャッシングを利用しなければならなくなります。カードローンは、審査も通りやすくなっています。グレーゾーンは通りやすい傾向にありますが、ブラックリストの方は難しいと思います。

カードローンは、本当に困ったときに、計画的に利用するようにしましょう。クレジットカードのキャッシングに比べると、カードローンのほうが、金利は低くなり利用しやすいかもしれませんが、金利を計算すると、意外と高くなるので、注意をする必要があります。本当に、今お金が必要なのか、じっくり考えてから、利用しましょう。

借りるときは、どこでも手軽にできますが、返済方法は知らないことが多いです。毎月一定額の引き落とし以外に、返したいときにいつでも返済することができます。せっかく借りたのにと思ったり、借りているのに、自分のお金だと勘違いしたり、しないように気をつけて、返済できるときは、一日でも早く一円でも多く返済しておくと良いと思います。返済方法は、心配なときは、必ず電話をして確認しておきましょう。使いすぎには、気をつけてください。