集団的自衛権はアメリカとの関係性が問題

集団的自衛権は日本国の憲法の問題としてはニュースでも取り上げられていますし、反対運動をしている人も戦争への可能性から反対意見という人が多いように思います。そもそもなぜこれまでの態勢から集団的自衛権を得られるようにしようとしているかということになります。これまでは国際協力にしても、他国の紛争にしても日本の対応はそれほど大きく問題になることはありませんでした。むしろあまりかかわりを持たない状態であったり、資金提供だけというレベルでの批判でどちらかといえば戦争も起こさず、犠牲者も大量に出るようなことは戦後なかったといっていいと思います。この状況を変える必要がほとんどの日本人は感じていませんがなぜこのような動きになるかというとそれはやはりアメリカ合衆国からの圧力ということでしかないのではと考えます。ここで大きくアメリカ合衆国への意向に沿うことで何かメリットがあると政府は考えているのだと思います。しかし実際には少しご機嫌をとるといった状況で終わるように思います。国際情勢に関してはアメリカからの独立という方向で日本には進むべきではないかと憲法解釈でどうこうというものよりも国際社会での日本の位置づけというものを考えると集団的自衛権などは単に戦争とか憲法ということでないと思います。憲法違反なら憲法を最終的には変えてしまえばいいわけです。変える前に都合のいい解釈で実行するから今回は問題になっているというところもありますが、国内からの意見や発想だけでない視点が重要だと思います。レディースキャッシング専業主婦

いろいろと学ぶところが多かった鋼の錬金術師

2009年~2010年の間放送されていた「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」がとてもよかったです。少年誌に連載していた漫画が原作となっているようですが、私はその漫画を読んでいなかったため、毎回ドキドキハラハラする展開を楽しめました。

ハガレンと呼ばれ大人気となったこのアニメは、エルリック兄弟を中心にストーリーが展開していきます。錬金術といった不思議な力を使って、争いや困難を乗り越えていくこととなります。

特に印象に残っている回は、国家錬金術師の称号を守るために、自分の家族を犠牲にしてしまうニーナの父親の話です。ニーナの父親は、研究成果がなかなか出ないことを焦って、まずは自分の妻を研究の犠牲にし、その後、娘をも研究材料に利用してしまいました。飼い犬と娘のキメラが途上した瞬間、あまりに衝撃的な展開に思わず涙が止まりませんでした。そのキメラから発せられたのが、ニーナの口癖だった「遊ぼうよ」という言葉だったのですが、今でもそのセリフをはっきりと覚えているぐらいです。アニメとはいえ、いろいろと深いものを教えられて気がしました。

あと最終回、数年後の様子が描かれていたのがよかったです。過酷な困難を乗り越えた後の、平和な姿をしっかり見ることが出来たので、いい終わり方だったと満足できました。専業主婦キャッシング