景気の現状と先行きに関するニュースの考察

現状の景気に関して、国内に存在する企業の半数以上が足踏み状態である事を懸念して、現状においては経済は飛躍的に回復していない状態である事が明らかになりました。大企業を中心に回復を感じている企業が多い中で、中小企業は未だにアベノミクスの恩恵を受けていない結果になりました。但し、景気は悪化していると感じている中小企業は少なくなっている状況で、中国経済の不調が問題となりながらも景気に関しては楽観視する見方も多いです。
今後の景気の先行きに関して、アンケートの調査によると国内の7割以上の企業が景気に関して楽観的な見方をしています。一方で、地方と都会の経済に関する格差が広まっている中で、地方では円安や人手不足による売り上げの不振などで閉店する店が多くなっている傾向です。
経済は全体的には徐々に回復が見込まれていますが、中国経済の動向に見守る必要があります。経済の回復によって、特に新卒の雇用状況は数年前よりもさらに改善して、売り手市場が今後も広がる見通しです。家庭にとっては消費税増税や物価高の影響で、節約を優先にして生活を送っている傾向です。消費者の物価指数は上昇傾向ですが、賃金の上昇によって徐々に消費が活性化しています。年収200万円でもみずほ銀行カードローンの審査に通る方法!