増えることも減ることもある、カードローンやキャッシングの利用限度額。

カードローンやキャッシングのことを、あらためて身を入れて考えていこうと思っていると、どうしても利用限度額というものにぶちあたります。この予め定められた額を超える融資は、正直、難しいのが現状なのです。

うすうす気づいていたとは思うのですが、特に消費者金融から融資を受ける場合、審査のところでこの利用限度額というものが定められますが、その基準になるのが、その人の年収だったりします。すなわち、年収の三分の一を超える融資はできないのが普通です。

ただしこの利用限度額、融資を受けているうちに増えることも減ることもあります。たとえば、返済のときに約束通りマメにお金を返していれば、これは上客とみなされて利用限度額を増やしてもらえることもあるのです。

その反対に、返済時に何度も何度も遅れてしまうようならば、これは金融機関から見ればとても危険な客ということになります。それで利用限度額は下げられる場合も、当然のことですがあるわけです。

社会生活を普通に送っていて、ごくあたりまえの思考力があれば、そういった返済に遅れてしまうような事はないはずでしょう。ですから、この限度額を減らされてしまうという事態は、言ってみれば普通ではない、ということになるのではないでしょうか。

でもしかし、そういう最悪な事態というものは、ときとして襲いかかってくるものです。ですから利用限度額というものは、とても大切なものなのでしょう。